ロングブーツはいつまで履けるの?気温をチェックしよう!

  • URLをコピーしました!

ⓘ当ページのリンクには広告が含まれています。

(スポンサーリンク)

毎年、ロングブーツはいつまで履いてよいものなのか悩みますよね。

おこめ

ロングブーツをいつまで履くか迷った場合は、2月までにしましょう。

私も若いときは、春先になるとロングブーツを履いてもよいか非常に悩みました。

時期を考えずにロングブーツを履き続けてしまうと、おしゃれなファッションに見られないこともありますよ。

そこで、この記事はロングブーツはいつまで履いてよいのか解説していきます。ロングブーツを楽しめる時期を知っておくと、街でおしゃれなファッションを楽しむことができますよ。

特にロングブーツのファッションを楽しみたい方は必見です!

是非この記事を参考に、ロングブーツのファッションを楽しみましょう♪

【広告】

目次

ロングブーツはいつまで?チェック項目をご紹介!

せっかくロングブーツを履くなら、おしゃれに見られたいですよね。

ロングブーツはいつまで履けるのかは、以下のチェックポイントを見るとわかりますよ。

季節の変わり目にロングブーツを履くかどうか悩んでいる方は、是非このチェック項目を参考にしましょう♪

最高気温

毎朝、予報を確認してから外出される習慣のある方も多いですよね。

ロングブーツを履きたい方は、特に「最高気温」に注目しましょう!最高気温が「15度」程度より低いと、ロングブーツを履いても暑すぎず、快適に過ごせますよ

逆に暖かい場合は、足元が暑く感じたり、街でも目立ってしまったりしてしまうため避けましょう。

おもち

ロングブーツを履くときは、外出前にテレビやスマホで天気予報をチェック!

ブーツの素材

最初に「ロングブーツは2月まで」と解説しましたね。しかし、「ブーツの素材」によっても、いつまでロングブーツを履けるのかが左右されます。

洋服と同様、ブーツも素材によっては、見た目で与える印象が変わります。

ファーやムートンなどふわふわした素材
おこめ

こちらは2月までがおすすめです。

ロングブーツに限らず、春先になり暖かくなると逆に暑苦しく見えてしまいます。そのため、3月以降は避けたほうがよいでしょう。

革の素材

ロングブーツは3月半ばまでを目安にしましょう。

革のショートブーツであれば4月半ばまでは大丈夫なことが多いです。しかし、暖かすぎると暑苦しく見えてしまこともあるため、気温を見て決めましょう。

見た目だけではなく、着用している方が感じる温度も素材で変動します。素材によってもいつまで履けるのかが変わりますよ。

ブーツの色

ブーツの色で与える見た目の印象が異なるため、ブーツの色でもいつまで履けるのか変わりますよ。

ブーツの色目安
暗めの色(黒やグレー、暗めの茶色など)2月まで
明るめの色(ベージュや明るめのブラウンなど)3月まで

ベージュや明るい茶色は軽く見えるため、暖かくなってもファッションになじみます。ロングブーツでも明るい色であれば、3月中の気温が低い日でもOKでしょう。

暗めの色だと寒い季節を連想させ、明るめの色だと暖かい季節を連想させますよね。

暖かくなる季節に、暗めの色のブーツを履いてしまうと街で浮いてしまうこともありますよ。

そのため、ブーツの色でいつまで履けるのかが変わってきます。

ご自身が持っているロングブーツの色をチェックしましょう!

街の女性の足元

他のチェックポイントを確認しても、不安なときはありますよね。その場合は、街を歩いている女性の靴を見て判断しましょう。

多くの街を歩いている女性と同じような靴やファッションを選ぶことで、悪目立ちを避けることができますよ。

ロングブーツの女性が多いようであれば、まだ履いても大丈夫でしょう。

ロングブーツを履いている女性が少ないようであれば、スニーカーなどの軽装のシューズをおすすめします。

周りの女性の靴を見ることは、ロングブーツを履くかどうかの判断材料になりますよ!

履いてみた感触

出かける前に、試しにロングブーツを履いてみるのもひとつの手です。その場合、次の2点を確認しましょう。

ロングブーツを控えたほうがよい場合

その日のファッションが、ロングブーツよりも他の靴の方がなじんでいる場合

履いてみて他の靴の方がファッションになじんでいる場合は、ロングブーツはすでにシーズンオフです。

ロングブーツは控えて、スニーカーやパンプスなどを履きましょう。

足元は蒸れて暑い場合

ロングブーツは、通常の靴よりも生地が厚くて覆っている面積も広い靴です。

歩いていない段階で履いて暑いようであれば、控えたほうがよいでしょう。

歩いているうちにさらに蒸れてしまい、不快感が増します。

ロングブーツはいつまで履ける?ブーツコーデをご紹介!

ロングブーツを履く目的と言えば、寒さ対策の他に冬ならではのファッションですよね。

ロングブーツは、ショートブーツに比べるといつまでも履けるわけではありません。

今回は、ロングブーツのコーディネートに使えるファッションアイテムをご紹介します。

今回ご紹介しているファッションアイテムは、流行によらずいつまでも使えますよ。

ロングブーツが履けるのは、冬季でも期間限定になるため、早めにチェックしましょう!

ミニスカートやショートパンツ

こちらは10~20代の方向けのコーディネートです。ニーハイのようなコーディネートがかわいらしく見えますよ。

寒さが不安な方は、さらにタイツを組み合わせるとよいですよ。タイツを履くと寒々しく見えず、おしゃれに履けるのでおすすめです♪

ワンピース

ワンピースとロングブーツを組み合わせるファッションもおすすめです。

特に冬にしか着用できないニットワンピと組み合わせると、ゆるふわ系のファッションを演出できますよ♪

こちらもストッキングと併用して肌を少し見せるのもよいですし、タイツと組み合わせるのもおしゃれに見せらせますね!

デニム

デニムは幅広い年代に似合うファッションアイテムのひとつであるため、特に流行によらずいつまでもロングブーツと合わせて楽しめますよ。

細めのデニムを履いてロングブーツと組み合わせると、大人のファッションを演出できます♪

デニムは厚めの生地であるため、防寒対策にもなりますね。

防寒対策と言えば、冬になると家の中も寒くなりますよね。特にお風呂の寒さが気になる方は、こちらの記事も参照しましょう。

ロングスカート

ロングスカートと組み合わせると、ブーツが隠れてしまうため、一見意味がないのではと思いますよね。

スニーカーやパンプスなどの他の靴と比べると、存在感があってボリュームが出せます。

ちらっと見せることで足元までおしゃれに見せることができますよ。

足元を軽やかに見せたい方は「チュールスカート」を合わせるとよいのでおすすめです♪

【広告】

ロングブーツをいつまでも履くための収納方法をご紹介

1度ロングブーツを購入すると、次の年も楽しみたいですよね。

毎年、シーズンオフの時期には、保管やお手入れの方法に悩まれる方も多いのではないでしょうか。

今回はロングブーツをいつまでも履くためのお手入れや収納方法をご紹介します。

参考になると思った方は、シーズンオフのときのためにブックマークをしておきましょう♪

革素材のお手入れ

革素材のブーツのお手入れ方法
  1. 柔らかいブラシや布などで、ロングブーツの外側のホコリや砂を払う
  2. 落としきれない汚れは、レザークリーナーを付けた布でふき取る
  3. 乾燥剤を入れて一晩乾かす
  4. レザークリームをつけてからロングブーツを収納

乾燥させることで、嫌なにおいやムレの原因となる菌の増殖を防げますよ。

おもち

どんなお手入れ用品を買えばよいかわからない・・・。

迷われる方には、「DABLOCKSの靴磨きセット」がおすすめです!

靴磨きに必要な道具がすべてそろっているため、他の道具を買いそろえる手間はありません!

手順書がついているため、初めての方でも迷わずにお手入れができます。

3種類のサイズのブラシや日本製のクリーナーなど、厳選されたアイテムがそろっていますよ♪

スエード素材のお手入れ

スエード素材のブーツのお手入れ方法
  1. ブーツの内部と外側のホコリを、ブラシなどで落とす
  2. 部分的な汚れは専用の消しゴムでこすり落とす
  3. ブラシで毛の流れをきれいにそろえる
  4. 乾燥剤を使用し、しっかりと乾かしてから保管

スエードは汚れが付きやすい素材です。長持ちさせたい方は普段からのお手入れを心がけましょう。

履いた後、こまめにブラッシングをしたり、定期的に防水スプレーをかけることで汚れを防ぐことができますよ。

ムートン素材のお手入れ

ムートンブーツの手洗い方法
  1. バケツに水と中性洗剤を混ぜ合わせて入れる
  2. 1.にムートンを入れて、優しく押し洗いをする
  3. 汚れがひどい部分はスポンジなどで優しくこする
  4. 水でしっかり洗う
  5. 水気をふき取って陰干しをして、しっかり乾燥させてから収納する

ムートン素材のものは、商品によっては手洗いが可能なものもあります。

手洗いが可能な場合はシーズンオフの前に手洗いをするとよいですよ。

手洗いが難しそうな場合は、無理せずクリーニングに出してプロの方にお任せしましょう!

ムートンブーツも風通しのよい日陰で保管することをおすすめします。

ロングブーツの収納方法

ロングブーツは、広い場所でブーツキーパーを使用して収納することをおすすめします。

ロングブーツは、そのまま折って収納したり、狭い収納場所に小さくして無理やり押し込んだりすることは避けましょう。

おしゃれなロングブーツにひびが入り、形が変わってくたびれてしまう原因になります。

いつまでもロングブーツを楽しむためにはピンと立てて収納することが大切です。

おもち

おすすめは「Gran Roiのブーツキーパー」です!

こちらは、ばね式のブーツキーパーです。Amazonおすすめに選ばれるほどの人気商品です!

ブーツの中で適度に広がってくれることで、ブーツの形を履いているときと同じ形を保ってくれますよ。

取っ手を引いた状態のままブーツに差し込むだけで使用ができるため、使用方法もとても簡単です。

正しくロングブーツを保管することで長く持ちますよ。お気に入りのロングブーツをいつまでも履きたい方は、ロングブーツの保管やお手入れを正しく行いましょう♪

ロングブーツのにおい対策

ロングブーツを脱いだ後に気になるのが「におい」ですよね。外出でロングブーツを脱ぐ機会があるとき、嫌なにおいがあると他の方に不快感を与えることもあります。

ご安心ください。ロングブーツのにおい対策は今すぐできますよ!

においの原因は「足やブーツに繁殖した雑菌」です。

菌は「暖かくて湿気が高い」場所を好むと言われいます。外は寒いとはいえ、足は想像以上に汗をかきやすい場所です。

まさに他の靴より通気性が悪いロングブーツは、雑菌が増殖しやすい場所なのです。

この雑菌が増えないように保管に工夫をするとにおいを防げますよ。

ロングブーツのにおい対策

ブーツの風通しを良くして保管

すぐにシューズボックスに入れず、ロングブーツを脱いだらブーツキーパーを使用して風通しを良くしましょう。

ドライヤーで乾かす

ロングブーツから湿気を逃がすことも、におい対策になります。インソール部分に直接ドライヤーの風を2~3分程度当てましょう。

炭をブーツの中に入れる

炭には脱臭や除湿の効果があります。100円ショップにも売っているため、簡単に入手できますよ。

炭を使った消臭アイテムでおすすめは「Yoitas」の「竹炭パック」です!

こちらはなんと、木炭や備長炭の10倍以上の脱臭・除湿効果があります。

さらに、抗菌効果を発揮するため、嫌なニオイの原因となる菌にも効果的ですよ!

大人の靴から子供の靴まで使用ができるサイズです。家族全員の靴にもぴったりですよ。

天日干しで最大2年間再利用ができるため、お財布にも優しいですね♪

足を清潔にする

ブーツに繁殖している菌は、足に住み着いている雑菌から増えていることもあります。

足の爪についているアカも、実は菌のエサとなっており、菌の増殖を手助けしているのです。

足をこまめに洗うだけではなく、足の爪も定期的にカットしましょう。

それでも気になる方は、ロングブーツを履く前に消臭スプレーも使用もおすすめです。

まとめ

ロングブーツは見た目から暖かそうであるため、いつまでも履けるわけではありません。2月までと期間限定のファッションアイテムです。

期間をしっかりと確認してから履くと、冬ならではのファッションが楽しめますよ。

ロングブーツを数年履いていない方も是非、この冬チャレンジしてみてはいかがでしょうか♪

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてください!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次